いつ、リファイナンスをするべき?

リファイナンスの利点は個々によって様々ですが、以下のような場合があります。

1. 現在のローンより低い金利のローンに組み変えて、月々の返済額を抑えたい。

(例1) 残高が$300,000の場合
現在のレート 3.75% 月支払額 $1,389
リファイナンス後 2.75% 月支払額 $1,225
月セービング $164
実際のリファイナンスのコストは4千ドル位かかりますので(コストはローンに全額組み込めます)
$164×24か月=$3,936
住居を二年以上キープするのであれば、リファイナンスをしたほうがお得、ということになります。

2. ローンプログラムを変更したい。モーゲッジ保険を低くしたい、取り除きたい。

FHAから、モーゲッジ保険料のかからないコンベンショナルローンへ変更すれば、
毎月$100-$150払っている保険料を取り除くことが出来ます。

また、現在コンベンショナルローンをお持ちでモーゲッジ保険をお支払いの方でも、
リファイナンスをする事で、
• 予定よりも早く保険を取り除くこと
• 保険金額を低くすること
が可能です。
さらに金利レートが下がって月々の支払いも下がるわけですから、
(例1)の場合、$164セービング、さらにモーゲッジ保険料$100-$150のセービングとなります。

3. キャッシュアウトをしたい。エクイティ(含み資産)の一部をを現金として引き出したい。
(キャッシュアウトリファイナンス)

家をリノベーションしたい、子供の大学費用に充てたい、ビジネスの資金にしたいなど、
用途は様々ですがキャッシュが必要な時のためのローンがあります。

借入上限金額は、家の評価価格の80%マイナスローン残高になります。
(例2)
家の評価金額(アプレイザルバリュー)が$400,000の場合
ローン残高が$200,000の場合
$400,000の80%=$320,000
マイナス$200,000(残高)
借りれる額は$120,000になります。
うれしい事に、この金額は、所得税の対象にはなりません。